コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀頼房 しが よりふさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀頼房 しが-よりふさ

?-? 南北朝時代の武将。
志賀貞朝(さだとも)の長男。豊後(ぶんご)(大分県)岡城主。父は南朝方であったが,頼房は北朝方に属し,美濃(みの)・京都などに出陣。延文4=正平(しょうへい)14年(1359)嫡男氏房とともに九州で懐良(かねよし)親王とたたかった。初名は能長(よしなが)。通称は蔵人太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

志賀頼房の関連キーワード南北朝時代志賀貞朝志賀能長

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android