コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志賀貞朝 しが さだとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

志賀貞朝 しが-さだとも

?-? 鎌倉-南北朝時代の武将。
志賀泰朝(やすとも)の長男。正安(しょうあん)3年(1301)父より豊後(ぶんご)(大分県)大野荘志賀村の所領をゆずられる。大友氏の惣領にしたがって南朝方に属し,戦功をたてる。直入(なおいり)郡天神山に岡城をきずき,北志賀氏と称された。初名は忠能。通称は蔵人太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

志賀貞朝の関連キーワード南北朝時代志賀泰朝志賀頼房

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android