忘れ唱歌(読み)わすれしょうが

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

忘れ唱歌
わすれしょうが

三味線音楽の曲名江戸時代初期の流行歌謡であったものが,地歌に残り,さらに江戸時代末期の端唄などに移されている。本来は江戸で流行した「土手節」の一つといわれ,また,その異なる詞章をつなぎ合せたものが「次節 (つぎぶし) 」であるともいわれる。元禄 16 (1703) 年の『の葉』3巻に「さはぎ歌」として記載される「失念」「三谷がへり」がその詞章の最古収録。現行地歌三弦曲の本調子のものは,その「失念」と「三谷がへり」とをつないだもので,地歌舞としても行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

野球の用語

アウトサイド・コーナー outside corner 打者から見て本塁上の遠い側。外角。和製英語ではアウトコーナーともいう。アシスト assist打者が打った球を捕球後にある塁に送球し走者の刺殺を間接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android