コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠実男 マメオトコ

デジタル大辞泉の解説

まめ‐おとこ〔‐をとこ〕【忠実男】

まめな男。誠実な男。
風流を愛し色好みな男。好色な男。また、近世では、情夫の意に用いたり、在原業平をさしたりする。
「御身になびきなば、二道かくる―、いやなりませぬと仰せけり」〈浄・大覚大僧正御伝記〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

まめおとこ【忠実男】

まじめな男。誠実な男。 「かの-うち物語らひて/伊勢 2
〔「伊勢物語」二段から〕
在原業平の異名。 「業平名少々。東男。-/宗祇袖下」
風流で色好みの男。 「緋の袴踏みしだき、誘ひ出づるや-/謡曲・雲林院」
他人の妻と密通している男。間男。 「ある人の妻のもとに-の通ふ由夫聞きて/沙石 7

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

忠実男の関連キーワード在原業平雲林院豆男

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android