コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忠岡三千子 ただおか みちこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忠岡三千子 ただおか-みちこ

?-? 江戸時代中期の画家。
宝暦10年(1760)近衛年子が陸奥(むつ)仙台藩主伊達重村との結婚のため仙台におもむいたとき侍女として奥女中となる。和漢の古典に題材をもとめた大和絵人物画を得意とし,浮世絵ものこした。京都出身。作品に「伊達吉村夫人像」「草子洗小町図」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

忠岡三千子

生年:生没年不詳
江戸中期の画家。京都生まれ。忠岡氏の娘で,伊達重村に嫁した近衛家養女年子の侍女として仙台に赴き奥女中となった。古典的画題を扱ったやまと絵人物をよくし,「伊達吉村夫人像」「伊達宗村夫人像」(ともに仙台市博物館蔵)などの本格的肖像画も残している。一方,古山師政風の肉筆浮世絵も描いており,多彩な資質がうかがわれる。作品に「若衆花魁図」「楊貴妃・衣通姫図」(いずれも仙台市所在の福島美術館蔵)ほかがある。<参考文献>板橋区立美術館『江戸の閨秀画家展/図録』

(安村敏信)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android