コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

念もない ネンモナイ

デジタル大辞泉の解説

念(ねん)もな・い

考えがあさはかである。もの足りない。
「二度ともなれば―・きことぐせどもをぞ僅かにまねぶめる」〈無名抄
残念である。無念である。
「敵に焼き殺されてありと言はれんずるは、―・き事なり」〈義経記・五〉
たやすい。容易である。
「この様な恥をかいた事は無い。―・う出づる事では無い」〈仮・浮世物語・三〉
思いがけない。意外である。
「―・い事、やる事はならぬ」〈虎明狂・樽聟〉
おもしろくない。つまらない。
「柳の朶(えだ)の夕の気色、―・い絵などは見劣りて」〈浮・男色大鑑・六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

念もないの関連キーワード浮世物語毫末存念

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

念もないの関連情報