コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

念もない ネンモナイ

1件 の用語解説(念もないの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

念(ねん)もな・い

考えがあさはかである。もの足りない。
「二度ともなれば―・きことぐせどもをぞ僅かにまねぶめる」〈無名抄
残念である。無念である。
「敵に焼き殺されてありと言はれんずるは、―・き事なり」〈義経記・五〉
たやすい。容易である。
「この様な恥をかいた事は無い。―・う出づる事では無い」〈仮・浮世物語・三〉
思いがけない。意外である。
「―・い事、やる事はならぬ」〈虎明狂・樽聟〉
おもしろくない。つまらない。
「柳の朶(えだ)の夕の気色、―・い絵などは見劣りて」〈浮・男色大鑑・六〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

念もないの関連情報