コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

念もない ネンモナイ

デジタル大辞泉の解説

念(ねん)もな・い

考えがあさはかである。もの足りない。
「二度ともなれば―・きことぐせどもをぞ僅かにまねぶめる」〈無名抄
残念である。無念である。
「敵に焼き殺されてありと言はれんずるは、―・き事なり」〈義経記・五〉
たやすい。容易である。
「この様な恥をかいた事は無い。―・う出づる事では無い」〈仮・浮世物語・三〉
思いがけない。意外である。
「―・い事、やる事はならぬ」〈虎明狂・樽聟〉
おもしろくない。つまらない。
「柳の朶(えだ)の夕の気色、―・い絵などは見劣りて」〈浮・男色大鑑・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

念もないの関連キーワード浮世物語毫末存念

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

念もないの関連情報