コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

忽那重義 くつな しげよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

忽那重義 くつな-しげよし

?-? 鎌倉-南北朝時代の武将。
忽那重清(しげきよ),忽那義範(よしのり)の父。代々伊予(いよ)(愛媛県)風早郡忽那諸島の地頭。近海の制海権をにぎり,南朝方として活動。暦応(りゃくおう)2=延元4年(1339)征西将軍懐良(かねよし)親王の九州下向にあたって,軍事・経済上の援助をした。別名は得能(とくのう)孫次郎法名は道一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

忽那重義の関連キーワード南北朝時代忽那重清忽那氏

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android