コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思春期乳腺炎 ししゅんきにゅうせんえんPubertal Mastitis

家庭医学館の解説

ししゅんきにゅうせんえん【思春期乳腺炎 Pubertal Mastitis】

[どんな病気か]
 若い女性の乳腺が腫(は)れてきたり、しこりができたりする病気で、ときには男性におこることもあります。
 乳腺の腫れやしこりは、片側だけのことも、両側に同時にできることもあり、乳房全体におよぶことも、一部分だけのこともあります。
 腫れたり、しこりができたりした部位には痛みがあり、圧迫すると乳頭(にゅうとう)から透明な分泌物(ぶんぴつぶつ)が出ます。わきの下リンパ節が腫れることもあります。
 これは、乳腺に感染などの炎症がおこっているのではなく、思春期の性ホルモン分泌の異常によって、乳腺が刺激されておこるもので、治療の必要はありません。
 思春期乳腺炎は、数週間で自然に治りますが、痛みなどの症状が強いときは、氷のうなどで乳房を冷やすと、症状はやわらぎます。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

思春期乳腺炎の関連キーワード乳腺症

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android