急冷周縁相(読み)きゅうれいしゅうえんそう(英語表記)chilled margin

岩石学辞典の解説

急冷周縁相

岩脈や岩床などの貫入火成岩体が,表層部が母岩との接触や水中などで急に冷却したために内部の本体に比べて細粒~ガラス質となった岩相.急冷端(chilled edge),急冷縁(chilled margin)と同じ.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android