急性内斜視(読み)きゅうせいないしゃし

知恵蔵miniの解説

急性内斜視

右眼もしくは左眼黒目内側に寄って戻らなくなる症状のこと。生後6カ月以降に発症する後天内斜視の一種。物が二重に見えるようになる「複視」が主な症状で、2010年代後半頃から若者の患者が増加した。原因として、スマートフォンの長時間の使用が指摘されている。至近距離で物を見ると黒目が内側に寄るが、スマートフォンの画面を見つづけることで、その状態を固定してしまう可能性がある。医療関係者は急性内斜視の予防に、スマートフォンを目から30センチメートル以上離して使うことや、10分程度に1回、遠くを見ることを勧めている。

(2019-5-23)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

急性内斜視の関連情報