コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

急性小脳失調症 きゅうせいしょうのうしっちょうしょうAcute Cerebellar Ataxia

家庭医学館の解説

きゅうせいしょうのうしっちょうしょう【急性小脳失調症 Acute Cerebellar Ataxia】

[どんな病気か]
 ウイルス感染症水ぼうそうが比較的多い)にかかって1~2週間後に、急にふらついて、うまく歩けない・立てない・座っていられないなどの症状が現われ、ときに眼振(がんしん)(眼球(がんきゅう)が左右に細かく震える)をともなうこともあります。
 ウイルス感染がきっかけとなって、小脳炎症がおこるのが原因と考えられています。
 数週間のうちに徐々に症状が消え、もとどおりの元気な状態にもどります。
 強力な治療を必要とすることはほとんどなく、後遺症が残ることもまずありません。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android