コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性堂慧果 しょうどう えか

1件 の用語解説(性堂慧果の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

性堂慧果 しょうどう-えか

1741-1819 江戸時代中期-後期の僧。
寛保(かんぽう)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。月船禅慧(げっせん-ぜんね)らにまなぶ。周防(すおう)(山口県)常栄寺の天猊慧謙(てんげい-えけん)の法をつぎ,のち同寺をついだ。文政2年4月3日死去。79歳。周防出身。別号に蔵六,曇空。法名は慧杲(えこう)とも。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

性堂慧果の関連キーワード羅城穴沢たみ子一菊伊東渤海三鍼清水曲河高尾氏規高瀬栄寿樗雲橋本泰里