コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

性禅尼 しょうぜんに

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

性禅尼 しょうぜんに

?-? 鎌倉時代の尼僧。
曹洞(そうとう)宗。能登(のと)(石川県)羽咋(はくい)郡の地頭酒匂頼親(さかわ-よりちか)の妻。能登永光(ようこう)寺の開基黙譜(もくふ)祖忍尼の母。瑩山紹瑾(けいざん-じょうきん)に師事して出家,元亨(げんこう)3年(1323)田畑などを寄進し紹瑾を支援した。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

性禅尼の関連キーワード鎌倉時代尼僧曹洞