怪ない(読み)けしからない

  • けしから・ない

精選版 日本国語大辞典の解説

〘連語〙 (「けしからず」の「ず」の代わりに東国風の「ない」を用いたもの。明和初期からの江戸の流行語)
① 不都合である。非難すべきさまである。
※洒落本・世説新語茶(1776‐77か)笑止「『はやく連て来や』『ヲヤけしからねへ、今にお出なせいす』」
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉青年実業家「立派な新教育を受けた若い連中までが斯様な怪しからない所為(まね)をしたがるから困る」
② (副詞的に用いる) ひどく。たいそう。本当に。
※洒落本・仕懸文庫(1791)二「けふはけしからねへあつい日だよ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

怪ないの関連情報