コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所為 ショイ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐い〔‐ヰ〕【所為】

しわざ。振る舞い。
「自分の―に対しては…徳義上の責任を負うのが当然だとすれば」〈漱石それから
そうなった原因・理由。せい。
「暴政は必ずしも暴君暴吏の―のみに非ず」〈福沢学問のすゝめ

せ‐い〔‐ヰ〕【所為】

《「所為」の音「しょい」の音変化か》上の言葉を受け、それが原因・理由であることを表す。「年の所為か疲れやすい」「人の所為にする」「気の所為

そ‐い〔‐ヰ〕【所為】

行い。しわざ。しょい。
「昨日もかちぐりをおっことして、人の―にしたぢゃあねえか」〈洒・素見数子〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょい【所為】

した事。仕業。 「悪魔の-」
原因・理由。せい。ため。 「何をいふもみんなが銭のない-だ/洒落本・遊子方言」

せい【所為】

ある(悪い)結果を生じた原因・理由。ゆえ。ため。 「失敗したのも君の-だ」 「年の-か目がかすむ」 「失敗を人の-にする」 「気の-」

そい【所為】

したこと。せい。しょい。 「かちぐりをおつことして、人の-にしたぢやあねえか/洒落本・素見数子」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

所為の関連情報