コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

所為 ショイ

デジタル大辞泉の解説

しょ‐い〔‐ヰ〕【所為】

しわざ。振る舞い。
「自分の―に対しては…徳義上の責任を負うのが当然だとすれば」〈漱石それから
そうなった原因・理由。せい。
「暴政は必ずしも暴君暴吏の―のみに非ず」〈福沢学問のすゝめ

せ‐い〔‐ヰ〕【所為】

《「」の音「しょい」の音変化か》上の言葉を受け、それが原因・理由であることを表す。「年の所為か疲れやすい」「人の所為にする」「気の所為

そ‐い〔‐ヰ〕【所為】

行い。しわざ。しょい。
「昨日もかちぐりをおっことして、人の―にしたぢゃあねえか」〈洒・素見数子〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょい【所為】

した事。仕業。 「悪魔の-」
原因・理由。せい。ため。 「何をいふもみんなが銭のない-だ/洒落本・遊子方言」

せい【所為】

ある(悪い)結果を生じた原因・理由。ゆえ。ため。 「失敗したのも君の-だ」 「年の-か目がかすむ」 「失敗を人の-にする」 「気の-」

そい【所為】

したこと。せい。しょい。 「かちぐりをおつことして、人の-にしたぢやあねえか/洒落本・素見数子」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

所為の関連キーワード以・伊・位・依・偉・医・唯・囲・圍・夷・委・威・尉・已・帷・彙・怡・意・慰・易・椅・為・爲・畏・異・移・維・緯・縊・胃・萎・蝟・衣・違・遺・醫閣僚の靖国神社参拝問題に関する懇談会報告書(中曽根内閣による要請に基づく)作麽生・什麽生くりっく365罪刑法定主義桓武天皇楽天銀行ブラウン水野忠辰作為体験気の所為動かす裾分け洒落本便佞行為神託失敗仕業沙汰

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

所為の関連情報