コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 カイ

7件 の用語解説(怪の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かい〔クワイ〕【怪】

[名]
あやしいこと。不思議、あるいは不気味なこと。「自然界の」「古井戸の
化け物。変化(へんげ)。「古猫の
[接頭]漢語名詞に付いて、あやしい、うさんくさい、不思議な、などの意を表す。「文書」「人物」「事件」

かい【怪】[漢字項目]

常用漢字] [音]カイ(クヮイ)(漢) ケ(呉) [訓]あやしい あやしむ
〈カイ〉
不思議な。あやしい。「怪異怪火怪奇怪死怪談怪盗怪物怪文書奇怪醜怪
並外れている。「怪童怪腕
不思議な事柄。「怪力乱神幻怪妖怪
〈ケ〉あやしい。あやしむ。「怪訝(けげん)/変怪(へんげ)」
[補説]「恠」は俗字。
[難読]怪我(けが)勿怪(もっけ)

け【怪/×恠】

あやしいこと。不思議なこと。怪異。
「かやうの―ども、未然に凶を示しけれども」〈太平記・二〇〉
もののけ。たたり。
「この男も生頭痛(なまかしらいた)くなりて、女は喜びつれどもそれが―のするなめり、と思ひて」〈今昔・二七・二〇〉

け【怪/芥/懈】[漢字項目]

〈怪〉⇒かい
〈芥〉⇒かい
〈懈〉⇒かい

しるまし【怪/徴】

奇怪な前兆。不吉な前触れ
「今是の―を視るに、甚だかしこし」〈仁徳紀〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

かい【怪】

ふしぎなこと。あやしいこと。 「山荘の-」

け【怪】

異常なできごと。怪異。 「かやうの-ども、未然に凶を示しけれども/太平記 20

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

怪の関連キーワード

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone