コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイ

デジタル大辞泉の解説

かい〔クワイ〕【怪】

[名]
あやしいこと。不思議、あるいは不気味なこと。「自然界の」「古井戸の
化け物。変化(へんげ)。「古猫の
[接頭]漢語名詞に付いて、あやしい、うさんくさい、不思議な、などの意を表す。「文書」「人物」「事件」

かい【怪】[漢字項目]

常用漢字] [音]カイ(クヮイ)(漢) ケ(呉) [訓]あやしい あやしむ
〈カイ〉
不思議な。あやしい。「怪異怪火怪奇怪死怪談怪盗怪物怪文書奇怪醜怪
並外れている。「怪童怪腕
不思議な事柄。「怪力乱神幻怪妖怪
〈ケ〉あやしい。あやしむ。「怪訝(けげん)/変怪(へんげ)」
[補説]「恠」は俗字。
[難読]怪我(けが)勿怪(もっけ)

け【怪/×恠】

あやしいこと。不思議なこと。怪異。
「かやうの―ども、未然に凶を示しけれども」〈太平記・二〇〉
もののけ。たたり。
「この男も生頭痛(なまかしらいた)くなりて、女は喜びつれどもそれが―のするなめり、と思ひて」〈今昔・二七・二〇〉

け【怪/芥/懈】[漢字項目]

〈怪〉⇒かい
〈芥〉⇒かい
〈懈〉⇒かい

しるまし【怪/徴】

奇怪な前兆。不吉な前触れ
「今是の―を視るに、甚だかしこし」〈仁徳紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かい【怪】

ふしぎなこと。あやしいこと。 「山荘の-」

け【怪】

異常なできごと。怪異。 「かやうの-ども、未然に凶を示しけれども/太平記 20

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

怪の関連キーワードグリゴーリイ・エフィーモヴィチ ラスプーチン舁き据え屋形舟ダララだんびら海月の火の玉巨岩・巨巌奇巌・奇岩たくろう火ペルセウス椎名メグミげしゅう猫騒動物できごとぬきやま寺つつきバードン続玄怪録陰摩羅鬼天狗火古井戸提灯火

今日のキーワード

シンデレラ体重

女性の理想的な体重の指標の一つで、BMIなどと同様、計算式にあてはめて割り出す。もともとは大手エステサロンが女性の理想的な体重として20年以上前に考案した指標で、当時の計算式は「身長(メートル)×身長...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

怪の関連情報