コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恐山山地 おそれざんさんち

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恐山山地
おそれざんさんち

青森県北東部,下北半島中南部の山地恐山を中心として,北の燧 (ひうち) 岳 (781m) などの火山も含む。狭義には恐山の火山群をさす。下北半島国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕恐山山地(おそれざんさんち)


青森県北東部、下北(しもきた)半島北部を占める山地。奥羽(おうう)山脈の延長部をなす褶曲(しゅうきょく)山地で、南東部の恐山が中心。最高峰は恐山の寄生火山である釜臥(かまぶせ)山(標高879m)。全域がヒバ林におおわれる。恐山の火口原湖の宇曽利山(うそりやま)湖周辺には「地獄」とよばれる火山地形がみられる。恐山と山地中央部、仏ヶ浦(ほとけがうら)一帯は下北半島国定公園に指定。薬研(やげん)温泉・湯野川(ゆのかわ)温泉がわく。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恐山山地
おそれざんさんち

青森県北東部、下北半島の北部を占める山地。更新世(洪積世)旧期につくられた二重式火山である恐山を中心とする。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

恐山山地の関連キーワード青森県むつ市大畑[町]火口原湖宇曽利山陸奥湾褶曲陸奥

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android