恐山山地(読み)おそれざんさんち

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕恐山山地(おそれざんさんち)


青森県北東部、下北(しもきた)半島北部を占める山地。奥羽(おうう)山脈の延長部をなす褶曲(しゅうきょく)山地で、南東部の恐山が中心。最高峰は恐山の寄生火山である釜臥(かまぶせ)山(標高879m)。全域がヒバ林におおわれる。恐山の火口原湖の宇曽利山(うそりやま)湖周辺には「地獄」とよばれる火山地形がみられる。恐山と山地中央部、仏ヶ浦(ほとけがうら)一帯は下北半島国定公園に指定。薬研(やげん)温泉・湯野川(ゆのかわ)温泉がわく。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恐山山地
おそれざんさんち

青森県北東部、下北半島の北部を占める山地。更新世(洪積世)旧期につくられた二重式火山である恐山を中心とする。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android