コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重式火山 ニジュウシキカザン

デジタル大辞泉の解説

にじゅうしき‐かざん〔ニヂユウシキクワザン〕【二重式火山】

火口やカルデラの内部に小さい火山体をもつ火山。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

二重式火山【にじゅうしきかざん】

複合火山の一つ。山頂の火口またはカルデラの中に中央火口丘ができている火山。
→関連項目複式火山

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二重式火山
にじゅうしきかざん

複式火山」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二重式火山
にじゅうしきかざん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の二重式火山の言及

【火山】より

… カルデラあるいは古い火口の中に,新たに小さな火山体が成長することがある。中の火山体を後カルデラ丘post‐caldera coneあるいは中央火口丘central coneといい,これを二重式火山ともいう。二重式火山の中にさらにもう一つ火山体ができる場合もあり,これを三重式火山ともいう。…

※「二重式火山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二重式火山の関連キーワード駒ヶ岳(岩手・秋田)オネコタン[島]駒ヶ岳・駒ヶ嶽津軽国定公園メルー火山温禰古丹島恵山(山)屈斜路湖男鹿半島恐山山地二重火山ベズビオメルー山白根山駒ヶ岳寒風山岩木山金峰山榛名山赤城山

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android