二重式火山(読み)にじゅうしきかざん

デジタル大辞泉「二重式火山」の解説

にじゅうしき‐かざん〔ニヂユウシキクワザン〕【二重式火山】

火口やカルデラの内部に小さい火山体をもつ火山。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の二重式火山の言及

【火山】より

… カルデラあるいは古い火口の中に,新たに小さな火山体が成長することがある。中の火山体を後カルデラ丘post‐caldera coneあるいは中央火口丘central coneといい,これを二重式火山ともいう。二重式火山の中にさらにもう一つ火山体ができる場合もあり,これを三重式火山ともいう。…

※「二重式火山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android