コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恒遠醒窓 つねとお せいそう

1件 の用語解説(恒遠醒窓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

恒遠醒窓 つねとお-せいそう

1803-1863 江戸時代後期の儒者。
享和3年10月8日生まれ。広瀬淡窓(たんそう)に漢学を,高島秋帆(しゅうはん)に兵学をまなぶ。文政7年郷里の豊前(ぶぜん)上毛郡(福岡県)にかえり,私塾自遠館(のちの蔵春園)をひらいた。文久3年5月3日死去。61歳。名は和。字(あざな)は子遠。通称は頼母。別号に轟谷,遠帆楼など。著作に「遠帆楼詩集」「醒窓文集」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

恒遠醒窓の関連キーワード中島名左衛門若宮丸漂流民ドゥーフ日道白粒岩延命院日道遠州流(茶道)舎密開宗坂本天山清風与平(初代)

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone