恩賞地(読み)おんしょうち

  • おんしょうち オンシャウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 世襲の所領のほかに、幕府または大名が家臣の勲功に対して与えた土地。中世では恩地、新恩ともいい、一方で自由な売買などが制限される側面をもつと同時に、特別な所領として保護された。恩給地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android