コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恩地 オンチ

6件 の用語解説(恩地の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おん‐ち【恩地】

武家時代、将軍や大名が家臣に御恩として与えた土地。恩賞地。恩領。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おんち【恩地】

恩領ともいう。主従関係において主人が従者に新たに恩給として与えた地。もともと持っていた私領が自由に売買,譲渡できるのに対して,恩地は主人から処分について強い規制をうけるばかりか,主人の一方的意志によって没収されることもあった。そこには恩地とは仮に従者に与えたものであるという観念がひそんでいた。こうした恩地は平安時代末から武家社会を中心に広くみられるが,鎌倉幕府はこれについて詳しい規定を定めている。とくに恩地を奉公義務の負担能力(これを器量とか,器用とかいった)のない者に売ったり譲渡したりしてはならないと規定した部分は恩地の性格をよく示している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おんち【恩地】

鎌倉・室町時代、家臣の勲功に対する恩賞として与えた土地。恩賞地。恩領。

おんち【恩地】

姓氏の一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恩地
おんち

恩領」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恩地
おんち

中世において主従関係を結んだ主君が、従者の戦功や仕官忠勤の奉公に対し、恩賞として給与した所領。恩領とも呼ばれ所領・所職の給与として、土地そのものよりも土地に関する職務的用益権として与えられた。恩地はとくに保護されたが反面規制も多く、鎌倉幕府法では私有地である私領は売却できるが恩地の売買は許されず、違反者は罰せられた(『御成敗式目』48条)。同追加法においても流質したり贈与などで由緒ない第三者に渡ることを警戒して細かく規制している。室町幕府も売却を禁じたが、年紀を限った売地と入質だけは許した。戦国時代にも私領と恩地は区別され、恩地はより大きな課役と売買制限が加えられていた。[木内正広]
『石井進・石母田正他校注『日本思想大系21 中世政治社会思想 上』(新装版、1994・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

恩地の関連キーワード御目見恩領奉公人主従主従は三世伴類寄親郎等御恩・奉公主従制

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

恩地の関連情報