コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恩地 オンチ

世界大百科事典 第2版の解説

おんち【恩地】

恩領ともいう。主従関係において主人が従者に新たに恩給として与えた地。もともと持っていた私領が自由に売買,譲渡できるのに対して,恩地は主人から処分について強い規制をうけるばかりか,主人の一方的意志によって没収されることもあった。そこには恩地とは仮に従者に与えたものであるという観念がひそんでいた。こうした恩地は平安時代末から武家社会を中心に広くみられるが,鎌倉幕府はこれについて詳しい規定を定めている。とくに恩地を奉公義務の負担能力(これを器量とか,器用とかいった)のない者に売ったり譲渡したりしてはならないと規定した部分は恩地の性格をよく示している。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おんち【恩地】

鎌倉・室町時代、家臣の勲功に対する恩賞として与えた土地。恩賞地。恩領。

おんち【恩地】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

恩地
おんち

恩領」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

恩地
おんち

中世において主従関係を結んだ主君が、従者の戦功や仕官忠勤の奉公に対し、恩賞として給与した所領。恩領とも呼ばれ所領・所職の給与として、土地そのものよりも土地に関する職務的用益権として与えられた。恩地はとくに保護されたが反面規制も多く、鎌倉幕府法では私有地である私領は売却できるが恩地の売買は許されず、違反者は罰せられた(『御成敗式目』48条)。同追加法においても流質したり贈与などで由緒ない第三者に渡ることを警戒して細かく規制している。室町幕府も売却を禁じたが、年紀を限った売地と入質だけは許した。戦国時代にも私領と恩地は区別され、恩地はより大きな課役と売買制限が加えられていた。[木内正広]
『石井進・石母田正他校注『日本思想大系21 中世政治社会思想 上』(新装版、1994・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

恩地の関連キーワード四万十川 あつよしの夏北海道立近代美術館傷だらけの天使感情(詩誌)関野 準一郎恩地三保子藤森 静雄萩原朔太郎田中 恭吉諏訪 兼紀畦地梅太郎関野凖一郎恩地孝四郎流行性肝炎稲垣 知雄月に吠える吹田文明北岡文雄武家時代小川竜彦

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

恩地の関連情報