コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恩頼 オンライ

デジタル大辞泉の解説

おん‐らい【恩頼】

神や天皇などから受ける恩徳。みたまのふゆ。
「専(もは)ら東照大神君の御―によることと」〈古道大意・上〉

みたま‐の‐ふゆ【恩頼/恩賚】

《「ふゆ」は「振(ふ)ゆ」または「殖(ふ)ゆ」の意という》神または天皇を敬って、その威力・恩恵・加護をいう語。
「然るに聖帝(ひじりのみかど)の―に頼りて」〈垂仁紀〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

恩頼の関連キーワード出雲信仰猪熊信男山の神

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android