コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

恩頼 オンライ

デジタル大辞泉の解説

おん‐らい【恩頼】

神や天皇などから受ける恩徳。みたまのふゆ。
「専(もは)ら東照大神君の御―によることと」〈古道大意・上〉

みたま‐の‐ふゆ【恩頼/恩賚】

《「ふゆ」は「振(ふ)ゆ」または「殖(ふ)ゆ」の意という》神または天皇を敬って、その威力・恩恵・加護をいう語。
「然るに聖帝(ひじりのみかど)の―に頼りて」〈垂仁紀〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

恩頼の関連キーワード出雲信仰猪熊信男山の神

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android