悪しい(読み)アシイ

デジタル大辞泉の解説

あし・い【悪しい】

[形][文]あ・し[シク]わるい。よくない。
「心にかかって―・い」〈虎寛狂・抜殻
[補説]文語「あし」の口語形で、室町時代から近世にかけて用いられた。→悪(あ)し

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あしい【悪しい】

( 形 ) [文] シク あ・し
〔現代語では、文語形を含め、一部の活用形が「おりあしく」「よきにつけあしきにつけ」「よしあしだ」などの形で慣用的に用いられる〕
よくない。 「いつも吞ませ付けた物をのませねば心に掛つて-・い/狂言・抜殻 虎寛本」 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android