コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悪し アシ

5件 の用語解説(悪しの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

あ・し【悪し】

[形シク](「よし」に対して)物事のありさまがよくない。また、不快な感じをもつさま。
本性・本質・気分・状態などについていう。
㋐快くない。
「このもとの女―・しと思へるけしきもなくて」〈伊勢・二三〉
㋑不都合だ。
「ここには弓場(ゆみば)なくて―・しかりぬべしとて」〈かげろふ・中〉
㋒容姿が悪い。みにくい。
「よき女といへど、ひとりあるは、―・しき二人に劣りたるものなれば」〈宇津保・吹上上〉
㋓貧しい。
「いかにしてあらむ。―・しうてやあらむ、よくてやあらむ」〈大和・一四八〉
㋔粗末だ。粗悪だ。
「下衆(げす)女のなり―・しきが子負ひたる」〈・一二二〉
㋕不適当だ。ふさわしくない。
「かかる御ありきし給ふ、いと―・しきことなり」〈大和・二〉
㋖(技能などが)へただ。まずい。
「中納言、―・しく探ればなきなり、と腹立ちて」〈竹取
㋗(自然状況が)険悪だ。
「けふ、風雲のけしき、はなはだ―・し」〈土佐
(正・善に対して)よくない。不正だ。
「昔の犯しの深さによりて、―・しき身を受けたり」〈宇津保・俊蔭〉
(吉に対して)運・縁起などが凶だ。
「例の所には方―・しとてとどまりぬ」〈かげろふ・中〉
(動詞の連用形に付いて)…することがいやだ。…しにくい。
「他国(ひとくに)は住み―・しとそいふ速(すむや)けくはや帰りませ恋ひ死なぬとに」〈・三七四八〉
[補説](1) 現代語では、「よし」と対を成す形で「よしあし」「よかれあしかれ」「よきにつけあしきにつけ」などの語句の中にみられるほか、連体形「あしき」の形で「あしき前例を残す」など文章語的に用いられ、また、「あしからずご了承ください」「折あしく出張中だった」のような語形に用いられる。(2) 口語形「あしい」は、中世に生じたが今は用いられない。→悪(あ)しい

わろ・し【悪し】

[形ク]《他より劣っている、普通以下である、の意で、一定の水準以下であるさまを表す》
程度が低い。質が悪い。よくない。
「いと―・かりしかども、…この花を折りてまうで来たるなり」〈竹取
下手である。拙(つたな)い。
「この度は―・く舞うたり」〈宇治拾遺・一〉
見劣りがする。みっともない。醜い。
「火桶の火も、白き灰がちになりて―・し」〈・一〉
勢力や財力が衰えている。貧しい。
「その主も、もとより勢ひなく、―・き人の、無徳なる司にて」〈宇津保・嵯峨院〉
ふさわしくない。不相応である。不適切である。
「行法も、法の字を清みて言ふ、―・し。濁りて言ふ」〈徒然・一六〇〉
不吉である。
「御宿世の―・くおはしましけるを、世に口惜しきことに申し思へり」〈栄花・玉の村菊〉
たちがよくない。悪質である。
「呪詛(じゅそ)しけるほどに、幾程なく―・き病つきて」〈沙石集・一〉
食べ物が傷んでいる。鮮度が落ちている。→わる(悪)い
「瓜を取り出でたりけるが、―・くなりて」〈著聞集・一八〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

あし【悪し】

( 形シク )
〔「あし」は絶対的な評価として、「わろし」は相対的な評価として用いる〕
(道徳的・倫理的に)非難されるべきである。悪い。けしからぬ。 「よきにつけ-・しきにつけ」 「 - ・しからず」 「人よりは妹そも-・しき恋もなくあらましものを思はしめつつ/万葉集 3737
(吉凶・禍福について)不吉だ。不運だ。 「例の所には、方-・しとて、とどまりぬ/蜻蛉
(美的に)みにくい。醜悪だ。 「御声も惜しませ給はず、いとさま-・しきまで泣かせ給ふ/栄花 花山
(技術的に)へただ。拙劣だ。 「中納言、-・しく探ればなき也と腹立ちて/竹取」
(身分的・階層的に)卑しい。下賤げせんだ。 「冬はついたち、つごもりとて、-・しきもよきもさわぐめるものなれば/蜻蛉
(品質的に)粗末だ。粗悪だ。 「下衆女のなり-・しきが子負ひたる/枕草子 122
(気分・心理状態について)不快だ。不機嫌だ。苦しい。 「おほやけの御気色-・しかりけり/伊勢 114
(自然的状況について)荒れている。険悪だ。 「外の海いといみじく-・しく浪高くて/更級」
都合が悪い。具合が悪い。 「折-・しく」 「ここには弓場なくて-・しかりぬべしとてかしこにののしる/蜻蛉
(動詞の連用形の下に付いて)…するのが難しい。…しにくい。 「他国ひとくにはすみ-・しとそいふ/万葉集 3748」 → わろし

わるし【悪し】

( 形ク )
わるい

わろし【悪し】

( 形ク )
〔「あし(悪)」が本質的なわるさをいうのに対して、相対的によくないさまをいう。「わるし」とも〕
好ましくない。望ましくない。 「人はすべてつくろふところあるは-・し/堤中納言 虫めづる
美しくない。見劣りする。 「かつ女の目にも-・しと思ふを思ふは/枕草子 268
つたない。へただ。 「まして-・く吹きたるはいとにくきに/枕草子 218
品質が劣っている。上等でない。 「(紙ガ)-・かめれば、寿命経もえ書くまじげにこそ/枕草子 277
めでたくない。不吉である。 「御宿世の-・くおはしましけるを/栄花 玉のむら菊
生活が恵まれない。身分や地位が低い。 「年頃わたらひなども-・くなりて/大和 148
食物がいたんでいる。古くてだめになっている。 「瓜をとりいでたりけるが、-・くなりて水ぐみたりければ/著聞 18
正しくない。誤りである。 「行法も法の字を澄みていふ、-・し。濁りていふ/徒然 160」 → あし

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

悪しの関連キーワード有り様応手概観眼識事の由名誉市民由由し在り方描く事美はし

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

悪しの関連情報