コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

悪戸(あくど)いも

デジタル大辞泉プラスの解説

悪戸(あくど)いも

山形県山形市で生産されるサトイモ。晩生種。粘り気が強く、煮物に向く。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

悪戸いも[根菜・土物類]
あくどいも

東北地方、山形県の地域ブランド。
来歴は不明だが、山形市悪戸地区に古くから伝わってきたさといも。山形県内に多く出回っている土垂系といわれるさといもと比べ、外観は丸形で白い。粘りが強く、煮崩れしにくいのが特徴。収穫時期が遅いため、山形県の風物詩であるいも煮会の時期には間に合わない。栽培面積の少ない状況が続いたが、食味の良さと広報活動が効を奏し、徐々に需要が増加している。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

悪戸(あくど)いもの関連キーワード山形県山形市

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android