悪病(読み)アクビョウ

精選版 日本国語大辞典の解説

あく‐びょう ‥ビャウ【悪病】

〘名〙 たちの悪い病気。また、人に忌みきらわれる病気。悪疾。
※東大寺文書‐建久八年(1197)一二月日・僧源慶解案「爰恐悪病之気之故、余弟子一人不相副之尅、師弟三世之契存浅之旨、源慶独乍怖畏、捨身命葬埋」 〔韓非子‐八説〕

あしき【悪】 病(やまい)

① 流行する伝染病。やくびょう。えきびょう。はやりやまい。
※塵袋(1264‐88頃)七「明神、いかりをなし給て、あしき病おこりてしにける也」
② 治りにくい病気。悪性の病。特にハンセン病をいった。〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

悪病の関連情報