悪銭身に付かず(読み)あくせんみにつかず

  • あくせん
  • 悪銭
  • 身(み)に付(つ)かず

精選版 日本国語大辞典の解説

不正な手段によって得た金銭は、むだなことにつかわれがちなので、すぐになくなってしまうものである。
※歌舞伎・三人吉三廓初買(1860)序幕「もし悪銭(アクセン)は身(ミ)に附(ツ)かずとはよく申したもの、僅二月たつかたたぬにみんな耗(す)ってしまひました」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

不正な手段で得た金は、手元に残らないで、すぐに無くなってしまう。労せずして手に入れた金は、結局、後に残らない。

[使用例] いつも、しこたま、もうけている。けれども、悪銭身につかぬ例えのとおり、酒はそれこそ、浴びるほど飲み、愛人を十人ちかく養っているという噂[太宰治*グッド・バイ|1949]

[解説] 「悪銭」は粗悪な銭のこともいうが、この場合は、不正な手段や働かずに得た類のいわゆるあぶく銭をいいます。

〔英語〕Easy come, easy go.(楽に入るものは楽に出ていく)

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android