しこたま(読み)シコタマ

デジタル大辞泉の解説

しこたま

[副]数量の多いようすを表す俗な言い方。たくさん。どっさり。「しこたまもうける」「しこたま詰め込む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しこたま

( 副 )
たくさん。どっさり。 「 -もうけた」 「 -買い占める」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しこ‐たま

〘副〙 数量が非常に多いさまをいう俗語。たくさん。どっさり。しこだめ
雑俳・川柳評万句合‐宝暦一二(1762)宮三「田舎うばしこたま喰て御意に入」
牛山ホテル(1929)〈岸田国士〉三「金持から治療代をしこたまふんだくってたんだからね」
[補注]語源については未詳だが、どっさりためる意の上方語、マ行下二段活用の動詞シコタメルの連用形シコタメが江戸語で母音交替してシコタマとなったものか。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

しこたまの関連情報