悪銭(読み)あくせん

精選版 日本国語大辞典「悪銭」の解説

あく‐せん【悪銭】

〘名〙
① 悪質であったり、きずなどがついていたりする粗悪な(ぜに)。あくぜに。⇔精銭(せいせん)
※三代実録‐貞観七年(865)六月一〇日「禁京畿及近江国売買之輩、択弃悪銭
② 不正な手段によって得た金銭。あぶくぜに。
※咄本・狂歌咄(1672)三「布施とりて今えいらくと思へとも後の世をみよあく銭ぞかし」
③ つまらないことに使う金銭。
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の散歩「見す見す下らぬ悪銭として消えて行く処に迄金を貢がなければならない先生の運命が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「悪銭」の解説

悪銭【あくせん】

〈あくぜに〉とも読み,鐚銭(びたぜに/びたせん)とも。質の劣悪な銭貨に対する呼称。種類は時代と場所により異なるが,粗悪な銭貨は1銭=1文で通用せず,受取りを拒否されたり(撰銭(えりぜに)),価値を低めて流通した。この撰銭は商取引の妨げとなったので,幕府大名寺社などは撰銭令を発し,選ぶべき銭貨以外の撰銭を禁じた。江戸幕府は1604年に永楽通宝以外を鐚銭とし,永楽1貫文に対し鐚4貫文とした。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版「悪銭」の解説

悪銭
あくせん

銭貨の使用に際して排除された質の粗悪な銅銭
鐚銭 (びたせん) ともいう。室町時代に通用していた銭貨は種類が多く,品質も均等ではなく,人びとは良銭による売買を希望し,悪銭を排除した。このとき排除された悪質の銅銭,破損・摩滅した銭,私鋳銭などが悪銭と考えられた。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「悪銭」の解説

あくせん【悪銭】

あくぜに,鐚銭(びたぜに)ともいい,粗悪な銭貨のこと。皇朝十二銭の後,貨幣の国内鋳造が絶え,平安時代末から宋銭など中国銭が流入,通用し始め,室町時代に入ると大量の明銭などが流入し,経済活動の活発化にともない貨幣流通が盛んになった。しかし流通市場では金属貨幣の価値は地金の価値に左右されたから,粗悪な銭貨は1銭=1文で通用することはできず,受取りを拒否されたり(撰銭(えりぜに)),打歩(うちぶ)をつけ,すなわち価値を低めて流通したりした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の悪銭の言及

【撰銭令】より

…室町・戦国時代に,悪銭のうちとくに粗悪な銭の流通を禁止するとともに,その他について撰銭を禁止するなど,銭貨流通に関して室町幕府,大名,社寺などが発した法令。〈せんせんれい〉〈せいせん(精銭)れい〉ともいう。…

【私鋳銭】より

…711年(和銅4)首謀者は斬,共犯者は没官,家口は流罪という重刑が規定されたが,これは753年(天平勝宝5)首謀者は遠流に,780年(宝亀11)共犯者・家口が徒3年・2年半に軽減されるまで現行法として機能した。【栄原 永遠男】
[中世]
 中世では悪銭の一種で,中国銭および日本国内で私的に鋳造された銭貨をさす。中世においては私鋳銭の鋳造自体はなんら処罰の対象とならなかったので,各地で粗悪な私鋳銭がつくられ,1銭=1文の精銭に対して,2分の1,5分の1,10分の1などの低価値の小額貨幣として流通した。…

※「悪銭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不起訴不当

検察審査会が議決する審査結果の一つ。検察官が公訴を提起しない処分(不起訴処分)を不当と認める場合、審査員の過半数をもって議決する。検察官は議決を参考にして再度捜査し、処分を決定する。→起訴相当 →不起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android