コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

惣管 そうかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

惣管
そうかん

天平3 (731) 年以降,畿内に設置された臨時官職 (存続期間は不明) 。盗賊不満分子などの取締りをはじめ,諸国国司などの行政治績などについて監視し,刑罰権を有していた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の惣管の言及

【鎮撫使】より

…奈良時代,諸道に置かれた官。聖武天皇の731年(天平3),山陽・山陰・南海の3道に置かれ,畿内に置かれた惣管(そうかん)とともに要官が任命された。使の下に判官(じよう)・主典(さかん)各1人があり,使には随身が付せられた。…

※「惣管」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

惣管の関連キーワード奈良時代(年表)新田部親王藤原宇合鎮撫使傔仗天平

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android