想夫恋(読み)そうふれん

百科事典マイペディア「想夫恋」の解説

想夫恋【そうふれん】

雅楽曲名。平調(ひょうぢょう)の唐楽。本来〈相府蓮〉と書くが,想夫恋,想夫憐などの字が当てられて女性が夫を思うというに解せられ,《平家物語》で小督局(こごうのつぼね)が高倉天皇を思いつつこの曲を箏で弾奏するくだりが有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉プラス「想夫恋」の解説

想夫恋

鹿児島県薩摩川内市の民謡久見崎(くみざき)地区に伝わる盆踊唄。「久見崎盆踊」で歌われる。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android