想夫恋(読み)そうふれん

百科事典マイペディア「想夫恋」の解説

想夫恋【そうふれん】

雅楽曲名。平調(ひょうぢょう)の唐楽。本来〈相府蓮〉と書くが,想夫恋,想夫憐などの字が当てられて女性が夫を思うというに解せられ,《平家物語》で小督局(こごうのつぼね)が高倉天皇を思いつつこの曲を箏で弾奏するくだりが有名。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android