コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

想夫恋

2件 の用語解説(想夫恋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

想夫恋

鹿児島県薩摩川内市の民謡。久見崎(くみざき)地区に伝わる盆踊唄。「久見崎盆踊」で歌われる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

想夫恋【そうふれん】

雅楽の曲名。平調(ひょうぢょう)の唐楽。本来〈相府蓮〉と書くが,想夫恋,想夫憐などの字が当てられて女性が夫を思うという意に解せられ,《平家物語》で小督局(こごうのつぼね)が高倉天皇を思いつつこの曲を箏で弾奏するくだりが有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

想夫恋の関連キーワード甘州陪臚六調子裹頭楽双調増長平調無明長夜太食調青森県弘前市鳥町鳥町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone