コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

想夫恋

デジタル大辞泉プラスの解説

想夫恋

鹿児島県薩摩川内市の民謡。久見崎(くみざき)地区に伝わる盆踊唄。「久見崎盆踊」で歌われる。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

百科事典マイペディアの解説

想夫恋【そうふれん】

雅楽の曲名。平調(ひょうぢょう)の唐楽。本来〈相府蓮〉と書くが,想夫恋,想夫憐などの字が当てられて女性が夫を思うという意に解せられ,《平家物語》で小督局(こごうのつぼね)が高倉天皇を思いつつこの曲を箏で弾奏するくだりが有名。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone