コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相府蓮/想夫恋/想夫憐 ソウフレン

デジタル大辞泉の解説

そうふれん〔サウフレン〕【相府蓮/想夫恋/想夫憐】

雅楽。唐楽平調(ひょうじょう)で新楽の中曲。舞は古くに絶えた。古代中国の晋の大臣王倹が官邸の池に蓮(はす)を植えて愛したことを叙した曲という。日本では男を恋する女心の曲とされ、小督局(こごうのつぼね)が天皇の愛をしのんで弾箏(だんそう)した話は有名。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そうふれん【相府蓮】

雅楽,管絃の曲名。唐楽,平調(ひようぢよう)。舞はなく管絃の曲として奏される。相夫恋,想夫憐,相夫憐,相府連とも書く。高倉天皇寵姫,小督局(こごうのつぼね)が嵯峨野で箏を弾いていたときの曲という伝説で有名で,《枕草子》の中にも紹介されている。曲の由来については,晋の大臣王僉(おうせん)が家に蓮を植えて可愛がったからとか,王僉が一時失脚して後に返り咲いたのを時の人が蓮の花にたとえて作ったとも伝える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

相府蓮/想夫恋/想夫憐の関連キーワード想夫恋雅楽

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android