愛他主義(読み)アイタシュギ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (altruisme altruism の訳語) 一般に、思いやりの衝動や感情、あるいはそれに基づく行動。フランスの哲学者オーギュスト=コントが用いた言葉。利他主義。愛他説。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の愛他主義の言及

【利他主義】より

…原語は〈他者〉を意味するラテン語のalterにさかのぼり,コントに由来し,エゴイズムないし利己主義に対して用いられた。訳語は明治10年代以来で〈愛他心〉とも訳されており,40年代以降には〈愛他説〉〈愛他主義〉〈主他主義〉とも訳された。コントによれば,実証的精神が人類に広まるなら新しい道徳的秩序が生じる。…

※「愛他主義」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android