愛宕山(京都)(読み)あたごやま

百科事典マイペディアの解説

愛宕山(京都)【あたごやま】

京都市西部,右京区と北桑田郡との境にある山。標高924m。古くより修験(しゅげん)の行場とされ,また王城鎮護の聖地で,和歌にも詠まれた。山頂の愛宕神社は愛宕信仰の中心で,全国の愛宕社の総本社。火伏の神として参拝者が多く,山腹にスキー場もある。
→関連項目京都[市]清滝

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

統合型リゾート(IR)

Integrated Resortの略で、カジノや劇場、ホテルなどが一体となった施設。国会の超党派議員が提出したカジノ解禁法案はIRの整備を後押しする基本法案で、2014年に趣旨説明と質疑が行われたも...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android