コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛新覚羅慧生 あいしんかくら えいせい

1件 の用語解説(愛新覚羅慧生の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

愛新覚羅慧生 あいしんかくら-えいせい

1938-1957 中国,愛新覚羅溥傑(ふけつ)の長女。
1938年2月26日生まれ。父は満州国皇帝愛新覚羅溥儀(ふぎ)の弟,母浩(ひろ)は嵯峨実勝(さが-さねとう)の長女。昭和18年に来日,学習院にまなぶ。大学の同級生大久保武道と伊豆(いず)の天城(あまぎ)山で心中,32年12月10日発見された。20歳。ふたりの書簡集「われ御身を愛す」はベストセラーとなった。満州(中国東北部)新京(現長春)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

愛新覚羅慧生の関連キーワード直木賞歴史小説芥川賞珪藻土北欧映画近衛声明亡命文学麦と兵隊スロバキア文学戦争文学

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone