溥儀(読み)ふぎ

日本大百科全書(ニッポニカ)「溥儀」の解説

溥儀
ふぎ / プーイー
(1906―1967)

中国の清(しん)朝最後の皇帝宣統帝在位1908~12)、のち「満州国」皇帝(康徳帝、在位1934~45)。愛新覚羅(あいしんかくら)。満族。光緒(こうちょ)帝の弟醇(じゅん)親王載灃(さいほう)の子。1908年、3歳にならずして第12代皇帝に即位、宣統帝と称した。辛亥(しんがい)革命の結果、12年退位、そのまま北京(ペキン)の故宮に住んでいたが、24年、馮玉祥(ふうぎょくしょう/フォンユイシヤン)のクーデターによって北京を追われ、日本の援助もあって天津(てんしん/ティエンチン)の日本租界に閑居した。31年(昭和6)「満州事変」に際して日本軍にひそかに連れ出され、32年「満州国」執政、34年その「皇帝」となった。翌年、日本を訪問、日本の皇室と兄弟の契りを結ぶ虚構がつくりだされ、その結果「首都」新京(長春)に神道(しんとう)による「建国大廟(たいびょう)」が建てられた。40年、第2回訪日。45年「満州国」崩壊とともに退位を宣言し、日本に逃れる途中、当時のソ連軍に捕らえられて、ハバロフスクに抑留された。翌年8月、極東国際軍事裁判(東京裁判)の証人として出廷、50年、身柄をソ連から中華人民共和国に移され、撫順(ぶじゅん/フーシュン)の戦犯管理所に収容された。51年、特赦によって北京に帰り、61年、中国人民政治協商会議文史研究委員会の専門委員。64年数奇を極めた自伝『わが半生』を書いて出版した。同年、政治協商会議全国委員に選出されたが、67年10月、死去した。

[安藤彦太郎]

『小野忍・野原四郎・新島淳良・丸山昇訳『わが半生』上下(1977・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「溥儀」の解説

溥儀
ふぎ
Pu-yi

[生]光緒32(1906).2.7. 北京
[]1967.10.17. 北京
中国,清朝最後の皇帝宣統帝 (在位 1908~12) 。姓は愛新覚羅。辛亥革命で退位。 1924年馮玉祥のクーデターの際,紫禁城から北京日本公使館に避難した。 25年天津の日本租界に閑居。満州事変が起ると日本軍特務機関に誘い出されて満州 (東北地方) に移り,32年執政,34年満州国皇帝となった。 45年8月日本の敗戦に際し大栗子行営で満州国の解体と退位式を挙行した。同年8月 16日ソ連軍に逮捕され,46年極東国際軍事法廷に検察側証人として出廷,50年戦犯として中国側に引渡されたが 59年特赦。北京植物園勤務などを経て 64年には政治協商会議第4期全国委員会委員となった。自伝に『わが半生』 (64) がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「溥儀」の解説

溥儀【ふぎ】

中国,清朝最後の皇帝(宣統帝)。姓は愛新覚羅(あいしんかくら)/(アイシンギョロ)。1908年3歳で即位。辛亥(しんがい)革命で1912年退位。皇帝の称号と年金を受けた。1924年馮玉祥(ふうぎょくしょう)のクーデタで紫禁城を脱出し,日本の保護を受けた。1932年満州国執政,1934年皇帝となり,終戦と同時にソ連に抑留された。1950年中国で戦犯として裁かれ,1959年特赦の後は,一市民として余生を送った。著書《わが半生》。
→関連項目愛新覚羅浩川島芳子醇親王載【ほう】鄭孝胥溥傑ベルトルッチ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社世界史事典 三訂版「溥儀」の解説

溥儀
ふぎ

1906〜67
清朝最後の皇帝,宣統帝(在位1908〜12)
光緒帝の弟である醇親王載澧 (じゆんしんおうさいほう) の子。姓は愛新覚羅。辛亥革命によって退位したが,1924年馮玉祥 (ふうぎよくしよう) のクーデタを機に日本の保護を受け,32年日本軍に迎えられて満州国執政となり,34年同国皇帝となった。第二次世界大戦終了後,戦犯としてソ連・中国に抑留され,のち釈放。最後は一庶民として人生を終えた。自伝に『わが半生』がある。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

旺文社日本史事典 三訂版「溥儀」の解説

溥儀
ふぎ

1906〜67
中国,清朝最後の皇帝(在位1908〜12),満州国皇帝(在位1934〜45)
姓は愛新覚羅。3歳で即位し宣統帝となったが,辛亥革命で退位。のち1924年馮玉祥 (ふう(ひよう)ぎよくしよう) により,北京紫金城を追われて天津の日本租界に住む。'32年満州国執政として日本軍部にかつぎ出され,'34年皇帝となる。敗戦後は戦犯としてソ連に抑留された。'59年釈放され北京に戻る。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

世界大百科事典 第2版「溥儀」の解説

ふぎ【溥儀 Pǔ yí】

1906‐67
中国,清朝最後の皇帝。在位1908‐11年。年号により宣統帝という。また満州国の皇帝としては康徳帝といい,在位1934‐45年。姓は愛新覚羅(アイシンギヨロ),字は浩然。光緒帝の弟載灃(さいほう)(醇親王)の長子として生まれ,西太后意志で3歳で即位した。辛亥革命により退位後も中華民国臨時政府の清室優待条件により大清皇帝の尊号を保持し,紫禁城内に住んで小朝廷を維持していたが,1924年馮玉祥ら国民軍の北京占領に際し,優待条件を取り消され天津に移った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の溥儀の言及

【満州事変】より

…またジャーナリズムでは石橋湛山の率いる《東洋経済新報》が満蒙放棄論を主張したが,大勢に抗することはできなかった。
[〈満州国〉樹立]
 関東軍は,軍中央の反対で当初企図していた満州領有は断念したものの,親日政権樹立,ついで独立国樹立をめざして着々と工作をすすめ,1931年11月には清朝廃帝の愛新覚羅溥儀(ふぎ)を天津の日本租界から満州へ脱出させた。また日本はイギリスなどの対日宥和(ゆうわ)政策を利用し,国際連盟で現地への調査委員会派遣を提案,12月これが可決され,イギリスのリットンV.A.G.R.Lytton(1876‐1947)を長とする調査委員会が派遣されることとなった。…

※「溥儀」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報