コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愛新覚羅顕琦 あいしんかくらけんき

知恵蔵miniの解説

愛新覚羅顕琦

中国清朝の王族・粛親王善耆(しゅくしんのうぜんき。1866~1922年)の末女。日本人の養女となり、「東洋のマタ・ハリ」とも呼ばれた満蒙独立運動家・川島芳子(1907~48年)の実妹。清朝王族の最後の生き残りとされる。1918年、中華民国の旅順(現・中華人民共和国遼寧省大連市)生まれ。日中戦争下の日本に留学し、41年に中国に帰国。58年、反右派闘争で反体制の右派分子として逮捕され、15年の服役と5年以上にわたる強制労働を強いられる。釈放後は日本語学校を設立し、日本語教育に尽力。86年には日本語による自伝『清朝の王女に生れて』を日本で出版した。2014年5月26日死去。享年95。

(2014-5-29)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

愛新覚羅顕琦の関連情報