はり

百科事典マイペディアの解説

はり

治療用の特殊な状器具,またはそれを用いる療法で,(きゅう)とともに漢方の重要な物理療法。普通は,毫(ごうしん)という径約0.2mm,長さ4.3〜5.3cmのはりが用いられる。材料は金,銀,プラチナ,鉄,ステンレス鋼など。管鍼は元来盲人用に発明されたもので,金属管の中にはりを収めしやすくしたもの。はりの原理は灸と同じく経絡経穴説により,内臓の諸病変に対応する皮膚の経穴(つぼ)を刺し,その刺激により,効果的な生体反応を起こさせ,病気の治癒(ちゆ)を図る。一般にリウマチ,神経痛,冷え症,腰痛などに効果があるとされるが,その他各種疾病による症状の軽減にも効果がある。はり師になるには中卒後3〜5年間(視覚障害者),高卒後3年間の専門教育課程を修め,厚生大臣の行う資格試験に合格することが必要。
→関連項目漢方国立光明療刺激療法神経痛代替療法はり麻酔

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

ギャンブル等依存症対策基本法

競馬やパチンコなどのギャンブル依存症への対策を進めるために、国や地方公共団体に対して、依存症の予防・啓発や、患者、家族へのケア、支援に関する計画の策定などを義務付ける国の法律。自民党と公明党、日本維新...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

はりの関連情報