コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

粛親王善耆 しゅくしんおうぜんきSu-qin-wang Shan-qi; Su-ch`in-wang Shan-ch`i

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

粛親王善耆
しゅくしんおうぜんき
Su-qin-wang Shan-qi; Su-ch`in-wang Shan-ch`i

[生]同治5(1866)
[没]1922
中国,清末の貴族,政治家。清朝の太宗の長子粛親王ホーゲ (豪格) 10代の子孫。光緒 24 (1898) 年父の死により粛親王を継ぎ,歩軍統領に任じられた。義和団事変西太后らの西安逃避に随行し,御前大臣となる。のち要職を歴任し,宣統3 (1911) 年に慶親王奕きょう内閣の民政大臣,次いで理藩大臣となる。辛亥革命による清帝の退位には強硬に反対したが成功せず,旅順に移住。その後も川島浪速らと満蒙の独立をはかったが,失敗した。川島の養女川島芳子善耆の娘。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

粛親王善耆 しゅくしんのう-ぜんき

1866-1922 清(しん)(中国)の王族。
同治5年生まれ。太宗の長子武粛親王豪格10代の子孫。慶親王内閣の民政大臣,理藩院大臣をつとめる。清朝滅亡後,旅順にのがれ,川島浪速(なにわ)らと満蒙独立を画策したが失敗。「東洋のマタハリ」といわれた川島芳子は第14王女で,川島の養女となった。1922年2月17日死去。57歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅくしんのうぜんき【粛親王善耆】

1866~1922) 中国、清末の皇族。民政部尚書・理藩大臣などを歴任。辛亥しんがい革命の際に大陸浪人川島浪速らの満蒙独立運動に応じたが失敗。東洋のマタ=ハリといわれた川島芳子はその娘。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

粛親王善耆
しゅくしんのうぜんき / スーチンワンシャンチー
(1866―1922)

中国、清(しん)朝の皇族。1898年、父の後を継いで粛親王となり、翌年護軍統領となった。1900年の義和団事件では御前大臣として、西安(せいあん/シーアン)へ避難する西太后と光緒帝(こうしょてい)に従った。07年から5年間、民政部尚書として警察行政の改善に務め、首都北京(ペキン)の治安維持に功績をあげた。その間、日本側と親しくなり、とくにいわゆる大陸浪人の一人である川島浪速(なにわ)とは義兄弟の交わりを結んだ。11年の辛亥(しんがい)革命に際しては宣統帝退位に反対する強硬論を唱えた。中華民国成立後は日本の支配下にある旅順に隠棲(いんせい)し、同地で没した。なお、「東洋のマタハリ」とよばれ日中間で数奇な運命をたどった川島芳子(よしこ)は、川島浪速が養女として育てた粛親王の娘である。[倉橋正直]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

粛親王善耆の関連キーワード愛新覚羅顕琦しんがい復辟運動宗社党倉橋辛亥

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android