コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

感受性訓練 かんじゅせいくんれんsensitivity training; ST

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

感受性訓練
かんじゅせいくんれん
sensitivity training; ST

心理学用語。人間関係の集団的訓練法の一つ。 K.レビングループ・ダイナミックスに端を発し,その後門下生の R.リピットらにより種々の方向に展開。心理,教育,経営,宗教活動などの分野で利用されるようになった。エンカウンターグループ encounter groupとかTグループ training groupといわれる 10人あまりのメンバーから成る合宿訓練において自主的な自由討議を行い,それを通して自己や他人に対する理解力,集団形成過程への洞察を高めて社会的な感受性と行動の柔軟性などを体得し,体験を通して学習を行う。そこでは知識や技術の習得よりも情緒的な過程の理解が重視される。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

感受性訓練の関連キーワードレビン(Kurt Lewin)グループ・セラピーゲシュタルト心理学アージリス行動科学組織開発関 計夫ST

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android