コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愧死 キシ

デジタル大辞泉の解説

き‐し【×愧死】

[名](スル)恥ずかしさのあまり死ぬこと。また、死ぬほど恥ずかしい思いをすること。慚死(ざんし)。
「卑劣の小人をして、―せしめんと欲するなり」〈竜渓経国美談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きし【愧死】

( 名 ) スル
深く恥じて死ぬこと。慚死ざんし。また、死にたくなるほど恥ずかしく思うこと。 「卑劣の小人をして-せしめんと欲するなり/経国美談 竜渓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

愧死の関連キーワード

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android