コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

愧死 キシ

デジタル大辞泉の解説

き‐し【×愧死】

[名](スル)恥ずかしさのあまり死ぬこと。また、死ぬほど恥ずかしい思いをすること。慚死(ざんし)。
「卑劣の小人をして、―せしめんと欲するなり」〈竜渓経国美談

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きし【愧死】

( 名 ) スル
深く恥じて死ぬこと。慚死ざんし。また、死にたくなるほど恥ずかしく思うこと。 「卑劣の小人をして-せしめんと欲するなり/経国美談 竜渓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

愧死の関連キーワード

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android