コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


仏教用語。他人に対し自己の罪をること。これに対し,自己の罪をみずから反省し,恥ることをといい,慙愧 (ざんぎ) と並べ用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

き【愧】[漢字項目]

[音]キ(呉)(漢) [訓]はじる はじ
はじる。はじ。「愧死・愧色/慚愧(ざんき)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

愧の関連キーワード仰いで天に愧じず,俯して地に怍じず惨・慚・懺・斬・暫・残・殘・竄・讒仰いで天に愧じず、俯して地に怍じず仰いで天に愧じず福島県前知事逮捕俯仰天地に愧じず中塚一碧楼小野友五郎慚悔・慙悔鮎沢伊太夫慚愧・慙愧痩羸・瘦羸杜子春伝除夜の鐘細川頼之丹羽文雄天路歴程日本海軍原市之進濫する

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

愧の関連情報