コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慈厳 じごん

3件 の用語解説(慈厳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慈厳 じごん

1298-1359 鎌倉-南北朝時代の僧。
永仁(えいにん)6年生まれ。洞院実泰(とういん-さねやす)の子。天台宗比叡山(ひえいざん)曼殊院の慈順に師事し,同院の門跡(もんぜき)となる。元徳2年(1330)天台座主(ざす)となり,観応(かんのう)2=正平(しょうへい)6年(1351)再任された。延文4=正平14年9月28日死去。62歳。著作に「公家御修法目録」「胎金両部密印」など。

慈厳 じげん

じごん

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

慈厳

没年:延文4/正平14.9.28(1359.10.20)
生年:永仁6(1298)
鎌倉後期・南北朝時代の天台宗の僧。父は洞院実泰,母は小倉公雄の娘季子。兄は『園太暦』筆者の公賢。父の叔父慈順を師として曼殊院に入寺,法務大僧正119世・132世の天台座主。花園院護持僧,戒師として修法のほか,真言の経典,悉曇(梵語の字母)などを伝授し,元応2(1320)年には「慈鎮和上夢想記」,および即位灌頂の「神璽勘文」を注進している。後醍醐天皇の配流にかかわって元弘2(1332)年,武家に捕らえられた。貞和4/正平3(1348)年,宣光門院出家の戒師を勤めている。延文4/正平14(1359)年4月ころから重病となり,62歳で没した。<参考文献>『花園天皇宸記』『園太暦』『天台座主記』『門葉記』

(西口順子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

慈厳の関連キーワード世尊寺伊俊百如慈芳普門円通孝暢大覚寺統向阿玄慧定尊増基(2)日位

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone