コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性副睾丸炎(慢性精巣上体炎) まんせいふくこうがんえんまんせいせいそうじょうたいえん Chronic Epididymitis

1件 の用語解説(慢性副睾丸炎(慢性精巣上体炎)の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

まんせいふくこうがんえんまんせいせいそうじょうたいえん【慢性副睾丸炎(慢性精巣上体炎) Chronic Epididymitis】

[どんな病気か]
 急性副睾丸炎(「急性副睾丸炎(急性精巣上体炎)」)が治らずに慢性となったものがほとんどですが、結核菌(けっかくきん)や梅毒(ばいどく)の感染でおこることもあります。
[症状]
 陰嚢内(いんのうない)の副睾丸(睾丸に付着している小さな器官)にしこりを感じますが、痛みや発熱はなく、一般に症状は軽い病気です。
 ふつうの細菌でおこった急性副睾丸炎が慢性化したものか、結核菌や梅毒の感染によるものか、また、副睾丸腫瘍(ふくこうがんしゅよう)、睾丸腫瘍との区別がむずかしいことがあります。
[治療]
 症状が軽いものは経過をみるだけでよいのですが、しこりが大きくなってきたり、痛みなどが出るようなら、抗生物質、消炎鎮痛薬を用います。再発したもの、治りにくいもの、結核菌の感染や腫瘍ができた可能性などがあれば副睾丸を摘出し、原因を調べてそれに応じた治療をします。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

慢性副睾丸炎(慢性精巣上体炎)の関連キーワード睾丸精巣副睾丸淋病何心地不死身プリマドンナ病は気から急性疾患睾丸炎 (orchitis, testitis)