コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性副睾丸炎(慢性精巣上体炎) まんせいふくこうがんえんまんせいせいそうじょうたいえんChronic Epididymitis

家庭医学館の解説

まんせいふくこうがんえんまんせいせいそうじょうたいえん【慢性副睾丸炎(慢性精巣上体炎) Chronic Epididymitis】

[どんな病気か]
 急性副睾丸炎(「急性副睾丸炎(急性精巣上体炎)」)が治らずに慢性となったものがほとんどですが、結核菌(けっかくきん)や梅毒(ばいどく)の感染でおこることもあります。
[症状]
 陰嚢内(いんのうない)の副睾丸(睾丸に付着している小さな器官)にしこりを感じますが、痛みや発熱はなく、一般に症状は軽い病気です。
 ふつうの細菌でおこった急性副睾丸炎が慢性化したものか、結核菌や梅毒の感染によるものか、また、副睾丸腫瘍(ふくこうがんしゅよう)、睾丸腫瘍との区別がむずかしいことがあります。
[治療]
 症状が軽いものは経過をみるだけでよいのですが、しこりが大きくなってきたり、痛みなどが出るようなら、抗生物質、消炎鎮痛薬を用います。再発したもの、治りにくいもの、結核菌の感染や腫瘍ができた可能性などがあれば副睾丸を摘出し、原因を調べてそれに応じた治療をします。

出典 小学館家庭医学館について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android