コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

睾丸腫瘍 こうがんしゅようtesticular tumor

4件 の用語解説(睾丸腫瘍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

睾丸腫瘍
こうがんしゅよう
testicular tumor

精巣 (睾丸) の腫瘍。多くは転移が早いため,きわめて悪性である。 20~40歳代に発病することが最も多く,この年代男子の癌死亡の1位を占めている。5歳以下でも発生するが,この場合は良性腫瘍であることのほうが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

睾丸腫瘍【こうがんしゅよう】

睾丸(精巣)にできる悪性腫瘍(がん))のこと。5歳以下と20〜40歳の発生率が高くなっている。 発症すると睾丸は徐々に大きくなってくるが,痛みがないので,ある程度大きくならないと気づかないことがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうがんしゅよう【睾丸腫瘍 testicular tumor】

睾丸に発生する腫瘍は大部分が悪性である。20~40歳代の性成熟期に最も多く,次いで小児期にも多い。病理組織学的に精上皮腫(セミノーマseminoma),胎生期癌,奇形腫,絨毛(じゆうもう)上皮腫などに分類され,それぞれにその性質や治療成績あるいは治療方針が異なる。症状は無痛性の睾丸腫張で,硬くはれるだけで痛みがないので,放置されやすい。絨毛上皮腫ゴナドトロピン呼ばれる女性化ホルモンを分泌しているので,乳房が大きくなってくる(女性化乳房)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

睾丸腫瘍
こうがんしゅよう

睾丸に発生する腫瘍で、精巣腫瘍ともいう。95%が悪性腫瘍で、男性の悪性腫瘍全体の約1%を占め、20~40歳にもっとも多く発生する。組織学的に、精上皮腫(セミノーマ)、胎児性癌(がん)、奇形癌、絨毛(じゅうもう)癌などに分けられる。
 胎児性癌は悪性で多種の成分を含んでいることがあり、とくに絨毛癌を合併する場合は予後不良である。奇形癌は割面が出血と壊死(えし)巣を混じえた不規則な比較的柔らかい腫瘍で、骨や髪の毛に似た組織が混じり合った複雑な構造をしている。また、ところどころに嚢胞(のうほう)をつくる。
 一般に後腹膜のリンパ節への転移をはじめ、肺転移などがおこりやすいため、早期に発見し治療を行わなければならない。なかには、絨毛性ゴナドトロピン(HCG、hCG)やアルファフェトプロテイン(AFP)などが血液、組織、ときに尿中に高値に認められる例があり、HCGやAFPなどは腫瘍マーカー(癌の存在の可能性を示す物質)として転移巣の診断や治療にその測定値の推移が参考になる。触診は転移を促進するので必要最低限にとどめる。超音波エコーやドップラー、CTスキャン、胸部断層撮影などのX線撮影、腹部のMRI(核磁気共鳴診断装置)による診断が重要である。治療としては、まず手術で睾丸を摘出するが、鼠径部(そけいぶ)を切開して睾丸に行く血管・リンパ管などをまず結紮(けっさつ)(血管を縛って血液の循環を止めること)してから陰嚢(いんのう)内の腫瘍を取り出すのが原則である。最初に陰嚢部を処置すると癌細胞を全身に転移させてしまう可能性があるためである。胎児性癌のほか絨毛癌の要素を含む症例では、予防的に、メソトレキセート、アクチノマイシンD、ビンブラスチン、シスプラチン、エトポサイドなどの多剤(複合)化学療法が有効であるが、すでに転移を認める例ではリンパ節をきれいに切除するリンパ節廓清(かくせい)手術も必要である。精上皮腫では再発予防に放射線照射が行われる。
 良性の睾丸腫瘍はまれで、セルトリ細胞腫、ライディッヒ細胞腫など間質の細胞から発生し、内分泌機能の異常がみられる。[田崎 寛]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

睾丸腫瘍の関連情報