コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慢性脳循環不全 まんせいのうじゅんかんふぜん

家庭医学館の解説

まんせいのうじゅんかんふぜん【慢性脳循環不全】

 脳血管の動脈硬化(どうみゃくこうか)が進み、全般的な脳の血流障害があっても、脳卒中発作(のうそっちゅうほっさ)にみられるような手足のまひやはっきりとした言語障害などの神経症状は認められないが、めまい、立ちくらみ、頭痛、頭重感(ずじゅうかん)、物忘れ、耳鳴りなどを訴える場合に用いられる病名です。
 以前は、脳動脈硬化症(のうどうみゃくこうかしょう)という病名が使われていましたが、あまりにも抽象的なため、現在では使われなくなりました。このような自覚症状があるときは、一度、検査してもらいましょう。
 動脈硬化を促進する病気が見つかれば、治療する必要があります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android