コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

言語障害 げんごしょうがい

7件 の用語解説(言語障害の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

言語障害
げんごしょうがい

言語を自由に,あるいは正確に用いることができなくなった状態をさし,言語障害には,言語そのものの障害 language disorderと話し言葉の障害 speech disorderが含まれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

げんご‐しょうがい〔‐シヤウガイ〕【言語障害】

言葉を話したり理解したりすることが正確にできないこと。伝達障害の失語症構音障害がある。言語症。LD(language disorder)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

言語障害【げんごしょうがい】

言語にかかわる機能の運動性または感覚性の障害により,言語による意思の疎通が妨げられた状態。声帯の振動による発声音は,喉(こう)頭,咽(いん)頭,口蓋,舌などの筋肉の微妙な運動によっていろいろに変化し(これを構音という),音声として外に発せられる。
→関連項目言語中枢難聴

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

家庭医学館の解説

げんごしょうがい【言語障害 Speech Disorder】

 ことばによるコミュニケーションの障害は、大きく分けて聞こえの障害(聴覚障害)、発音の障害(構音障害)、言語中枢(げんごちゅうすう)の障害(失語症)に分けられます。このうち構音障害と失語症を合わせて言語障害と呼びます。
 構音障害は、器質的構音障害機能的構音障害運動障害性構音障害に分類されます。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

世界大百科事典 第2版の解説

げんごしょうがい【言語障害 speech disturbance】

言語障害とは話すこと,言葉を聞いて理解すること,文字を読んで理解すること,文字を書くことなどが障害されることである。話すことの障害は大きく二つに分けることができる。一つは構音障害であり,発音の障害のことで構音器官の障害を原因として起こる。失語症で起こる話しことばの障害はふつうは除くが,近年は構音障害として扱うことがある。またどもりも構音障害に含まれる。話すことのもう一つの障害は失語症であり,話すことだけでなく,言葉を理解すること,文字を読んで理解すること,文字を書くことなどもいっしょに障害されるのが普通である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

げんごしょうがい【言語障害】

言葉が話せない、理解できない、読めない、書けないなど、様々な原因によって言語の受信と発信が障害された状態の総称。音声障害・構音障害・吃音・言語発達遅滞・失語症など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

言語障害
げんごしょうがい

ことばを用いた意思の交換(コミュニケーション)に障害のある場合をいう。ことばは、耳から入ってくる言語音を大脳の感覚性言語中枢で認知、把握し、記憶、保持する。その記憶したもののなかから、そのときの状況に応じた言語を選び出し、運動性言語中枢からいろいろの発語器官を支配する運動中枢を経て発語器官が共同的に働き、言語音を表出するわけである。このような経路のどこかに障害がおこると、言語障害となる。このようなことから言語障害を大きく3群に分類する。
(1)耳から入り言語を感受するまでの経路に障害のあるものを感覚性言語障害という。耳の障害による難聴、脳内出血による感覚性言語中枢の障害(感覚性失語症)などがある。
(2)言語の記憶、保持、選択、学習などは人間の精神機能や構造に大きく依存しており、それらの障害による言語障害で、精神病や精神発達遅滞などによるものが含まれる。
(3)運動性言語中枢から発語器官に至るまでの経路に障害のあるものを運動性言語障害という。脳内出血による運動性失語症、麻痺(まひ)性構音障害、口蓋裂(こうがいれつ)や口唇裂などによるものが含まれる。
 治療は原因や症状などに応じて行われるが、小児は教育的治療もあわせて行うことが多い。[河村正三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

言語障害の関連キーワードヒアリング一を聞いて十を知る聞方聞知る聞取り聞取る聞様耳の日言語障害学内言語障害

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

言語障害の関連情報