自滅(読み)じめつ

精選版 日本国語大辞典「自滅」の解説

じ‐めつ【自滅】

〘名〙
① 自然に滅びること。
※太平記(14C後)七「十善の君に敵をなし奉る天罰に依て、自滅(ジメツ)する人々の有様見よ」 〔漢書‐高五王〕
② 自分の行動が原因となって、自分が滅びること。自殺すること。また、自分の失策のために敗れること。
※神皇正統記(1339‐43)下「五月の二十二日にや、高時をはじめとして多く一族みな自滅してければ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「自滅」の解説

じ‐めつ【自滅】

[名](スル)
自分のしたことが原因となって自分自身に悪い結果をもたらすこと。自分の失敗で敗れること。「エラーで自滅する」
自然に滅びること。
「―する人々の有様見よ」〈太平記・七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android