コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶俊(1) きょうしゅん

1件 の用語解説(慶俊(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶俊(1) きょうしゅん

?-? 奈良時代の僧。
河内(かわち)(大阪府)の人。奈良大安寺の道慈から三論,法相(ほっそう),華厳(けごん)をまなぶ。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)5年(753)法華寺の大鎮となり,8年律師。一時道鏡にその座を追われるが,宝亀(ほうき)元年復帰して少僧都。天応元年光仁(こうにん)天皇から山城(京都府)の愛宕(あたご)山をあたえられ,修験道場をひらいた。俗姓は葛井(ふじい)(藤井)。法名は慶峻ともかく。著作に「一乗仏性究竟論記」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

慶俊(1)の関連キーワード河内音頭河内鍬四畿内神社老麻呂河内女王河内百枝娘子紀吉継楽浪河内高丘河内錦部河内

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone