コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

慶俊(1) きょうしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

慶俊(1) きょうしゅん

?-? 奈良時代の僧。
河内(かわち)(大阪府)の人。奈良大安寺の道慈から三論,法相(ほっそう),華厳(けごん)をまなぶ。天平勝宝(てんぴょうしょうほう)5年(753)法華寺の大鎮となり,8年律師。一時道鏡にその座を追われるが,宝亀(ほうき)元年復帰して少僧都。天応元年光仁(こうにん)天皇から山城(京都府)の愛宕(あたご)山をあたえられ,修験道場をひらいた。俗姓は葛井(ふじい)(藤井)。法名は慶峻ともかく。著作に「一乗仏性究竟論記」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android