コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

長暦 チョウリャク

デジタル大辞泉の解説

ちょうりゃく〔チヤウリヤク〕【長暦】

平安中期、後朱雀天皇の時の年号。1037年4月21日~1040年11月10日。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうれき【長暦】

長い年月にわたっての暦日をまとめたものを長暦という。初めての幕府天文方に任ぜられた渋川春海は,《日本書紀》にある神武天皇以来貞享1年(1684)に至る暦日,すなわち全年の毎月の朔を計算し,その干支,月の大小,閏月などを記した《日本長暦》(1677)を著した。これが最初に著された長暦である。次いで会津の算学者安藤有益は1687年に《本朝統暦》を刊行した。期間は同じであるが日月食の推算までを加え,全部を宣明暦法によって計算した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうりゃく【長暦】

年号(1037.4.21~1040.11.10)。長元の後、長久の前。後朱雀ごすざく天皇の代。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本の元号がわかる事典の解説

ちょうりゃく【長暦】

日本の元号(年号)。平安時代の1037年から1040年まで、後朱雀(ごすざく)天皇の代の元号。前元号は長元(ちょうげん)。次元号は長久(ちょうきゅう)。1037年(長元10)4月21日改元。後朱雀天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『春秋(しゅんじゅう)』または『晋書(しんじょ)』を出典とする命名。長暦年間は、藤原頼通(よりみち)による摂関政治が行われていた。1036年(長元9)に後一条(ごいちじょう)天皇の崩御により、同母弟の後朱雀天皇が即位した。翌1037年(長暦1)には、頼通は養女の嫄子(げんし)を入内させ、中宮に立てている。

出典|講談社日本の元号がわかる事典について | 情報

長暦の関連キーワード愛知県稲沢市福島町禖子内親王三輪田元綱菅原孝標女祐子内親王長快(1)大中臣輔親儇子内親王藤原俊家藤原実成藤原嫄子藤原実資藤原頼通高階為家藤原隆家藤原生子敦賢親王大江公資高階信平質侶牧

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

長暦の関連情報